革靴

「革靴の手入れ」と聞くと、つい外側をピカピカに磨くことと思いがちですが、それだけでは内側に染み付いた嫌な臭いは消せません。
それどころか、内側こそ汗や皮脂が蓄積する個所です。ムレが進むと臭いはもちろん、カビや水虫の原因にもなってしまいます。

「でも革靴は水に弱いから洗えないのでは?」とお考えの方のために、ドライの素Sドライの素Dを使った革靴の洗い方をご紹介します。
一般的には「革靴は水洗いできない」と思われていますが、革靴に含まれる油脂や染料は水に強く、コツさえつかめば水洗いも可能です。
ドライの素Dを使うことで、その成分である砂から抽出したシリコン・羊の油脂が革の風合いを損ねることなく汚れを落とし、革靴 を綺麗によみがえらせます!
ただし、バックスキン、ヌバック素材のものは洗えません。また、皮革製の衣類もこの方法では洗えません。ご注意ください。

 

まず、革靴の靴ひもはあらかじめ取り外し、洗っておきます。

毎日履いていると靴のあちこちに、ホコリや泥が自然にたまります。
洗う前には、靴底と靴の境目を念入りにブラッシングし、ホコリと泥を綺麗に落としましょう。

ドライの素Sドライの素Dを同量混ぜ合わせて洗浄液をつくります。

 

kawagutu04.jpg

水を含ませたスポンジに上記で作った洗浄液をつけ、革靴の外側と内側を洗います。

特に内側には、汗や皮脂など汚れがたまりやすいので、スポンジを奥まで入れしっかり洗いましょう。

kawagutu05.jpg

しっかり洗い終わったら、シャワーですすぎます。

 

その際、革靴の変色を避けるためにも、お湯ではなく必ず常温の水を使ってください。

kawagutu06.jpg

すすぎ終わったら、汚れてもいい布などを使って水気をしっかりとふき取ります。

 

革靴の外側を軽くたたくように、内側もしっかりとふき取っていきます。

kawagutu07.jpg

水気を十分に取り払った後、ドライの素Dをやわらかい布につけて表皮にすり込みます。

その後、しばらく時間を置き、半乾きのとき、もう一度、ドライの素Dを塗ってください。完全に乾いてからドライの素Dを塗ると完璧です。

こうすることで、革靴に成分がより浸透します。

kawagutu08.jpg

革靴の型崩れを防ぐため、新聞紙を千切りにしインクがつかないよう水切りネットに入れ、革靴に詰めて形を整えます。
革靴が完全に乾ききるまで1~2回、新聞紙を詰め替えます。

kawagutu09.jpg

革靴の型崩れを防ぐため、新聞紙を千切りにしインクがつかないよう水切りネットに入れ、革靴に詰めて形を整えます。
革靴が完全に乾ききるまで1~2回、新聞紙を詰め替えます。

陰干しが終わったら、革靴に靴クリームを塗ります。
柔らかい布で全体にすり込み、その後、乾拭きします。
 

靴クリームが乾いた後、事前に洗っておいた靴ひもを通します。
これで、革靴の洗濯は完了です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち革靴カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはネクタイです。

次のカテゴリは毛布・掛け布団です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count