革靴の洗い方

「革靴の手入れ」と聞くと、つい外側をピカピカに磨くことと思いがちですが、それだけでは内側に染み付いた嫌な臭いは消せません。
それどころか、内側こそ汗や皮脂が蓄積する個所です。ムレが進むと臭いはもちろん、カビや水虫の原因にもなってしまいます。

「でも革靴は水に弱いから洗えないのでは?」とお考えの方のために、ドライの素Sドライの素Dを使った革靴の洗い方をご紹介します。
一般的には「革靴は水洗いできない」と思われていますが、革靴に含まれる油脂や染料は水に強く、コツさえつかめば水洗いも可能です。
ドライの素Dを使うことで、その成分である砂から抽出したシリコン・羊の油脂が革の風合いを損ねることなく汚れを落とし、革靴 を綺麗によみがえらせます!
ただし、バックスキン、ヌバック素材のものは洗えません。また、皮革製の衣類もこの方法では洗えません。ご注意ください。

 

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年6月 7日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「①靴ひもあるものは取り外す」です。

次のブログ記事は「毛布・掛け布団・コタツ掛けの洗い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count