毛布・掛け布団・コタツ掛けの洗い方

毛布は直接肌に触れて使います。人のものと一緒に洗われたくないものの一つです。
シーズン中、一度も洗濯しないご家庭も多いようですが、汚れ方も半端ではありません。
途中で1~2度、水洗いをすると清々しいものです。
大型の洗濯機も普及していますし、ムリなら浴槽を使って洗うこともできます。
ベビー毛布については特に、赤ちゃんの健康面からドライクリーニングではなく、ご家庭でコマメに水洗いすることをおすすめします。

毛布で説明いたしますが、掛け布団・コタツ掛けなどの洗い方も同じです。

注意事項・・・

 

羽毛布団のお洗濯には、遠心脱水で充分に水を切ることが大切です。
そのため、洗濯機に入らず脱水できない羽毛布団は、ご家庭での洗濯はできません。

なお、脱水の後、キルティングの中に羽毛が固まっていますが、ほぐさないでください。完全に乾いてから、振り払うと中に空気が入り、ふんわり 感が戻ります。

また、表生地が絹のもの、中綿が真綿の布団はご家庭でのお洗濯はできません
専門のクリーニング店にお出しください。

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年6月 7日 20:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「革靴の洗い方」です。

次のブログ記事は「⑧干す」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count