ネクタイの洗い方

ネクタイがご家庭で洗えることをご存知の方はそれほど多くありません。
外国では「ネクタイは使い捨て、色落ちは当たり前」と考えられています。日本でも同じく「ネクタイは洗わないもの」という考えから、洗濯表示も付いていま せん。
しかし、ネクタイはサラリーマンにとって日々の必需品。手垢、食べこぼし、タバコのヤニなど、生活の中で汚れる原因は多々あります。
やはり洗わないと不衛生ですし、使い捨て感覚で買い換えるのも不経済といえます。

そこで、当社新発売のドライの素Sドライの素Dドライの素E使った「ネクタイの洗い方」についてご紹介いたします。
洗面器、またはタブで簡単に洗えます。ぜひ、一度お試しください。

洗う前に「色落ちテスト」をする

【ネクタイの洗い方ステップ】
 ①シミや手垢の付いた部 分を手揉みする> ②シミや手垢の付いた部 分にドライの素Sを塗る> ③カット綿に水を含ま せ、シミに優しくパッティング> ④ネクタイを畳んでネッ トに入れる> ⑤洗浄液をつくる> ⑥すすぐ> ⑦仕上げ加工> ⑧脱水・タオルドライ> ⑨ネクタイキーパーを差 し込む> ⑩干す~ネクタイピンチ> ⑪アイロン仕上げ> ネクタイ洗いの注意事項

 

 

ネクタイには「色落ちするもの」と「色落ちしないもの」があります。
ネクタイを洗う前にまず色落ちテストを行い、どちらのタイプか調べてください。
目立たない個所に洗浄液をつけ、白い布で包んで手揉みすると色落ちの有無がわかります。
ちなみに、紺・赤・茶・黒の生地に白など薄い色模様を織り込んだもの、捺染・プリントしたもので色落ちするタイプのネクタイは洗えませんので、ご注意くだ さい。


このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年6月10日 19:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「①シミや手垢の付いた部分を手揉みする」です。

次のブログ記事は「胡麻おこし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count