アイロン仕上げをするコツ【スチームの質を選ぶ】

◆スチームの質を選ぶ
 スチームの役割は、湿気と熱を素早く衣服に与えて成形しやすい状態にすることです。スチームの量を多くするよりも、スチームの質をドライにします。
 スチームの質をドライにとは、水分の少ないスチームにするという意味です。アイロンは、スチーム性能の良否が仕上がりを左右します。
 ところで、いま使っているスチームアイロンのスチーム質をドライにする方法があります。綿100%の当て布1枚で、スチーム質をドライにすることができます。
 本来当て布は、アイロンソール(底)の温度を下げるためと、テカリを防ぐために使いますが、綿100%の当て布がスチームの水分を吸収して、スチーム質がドライに変わります。
当て布は、日本手拭いが大きさ、熱さ、使いやすさで最も適しています。タオルでは代替できません。

 

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年7月 7日 11:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「衣服に残った余熱もシワや型崩れの原因になります」です。

次のブログ記事は「アイロン仕上げをするコツ【浮かせアイロンをする】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count