アイロン仕上げをするコツ【クールダウンをする】

 クールダウンは刃物の焼き入れと同様、乾熱アイロン後の衣服から瞬時に熱気を取り払い、しっかり固定するテクニックです。
家庭でのアイロン掛けが上手にできないのは、このテクニックが欠けているからです。
このクールダウンは単に冷ませば良いのではなく、いかに早く冷ますかです。部分を掛け終る毎に、上下に7~8センチ振って余熱を冷まし、次の動作に移ります。夏は、扇風機を使うという方法もあります。部分を掛け終る毎に、扇風機で冷まします。フーッと息を吹きかけるだけでも効果があります。
クールダウンは、素早さが勝負です。

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年7月 7日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アイロン仕上げをするコツ【乾熱で湿気を取り除く】」です。

次のブログ記事は「アイロンの構造と選び方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count