ドライクリーニングが家庭で出来るのですか?

 ドライクリーニングは、溶剤を使って洗濯物を濡らさずに洗います。それで、「ドライ」クリーニングと呼ばれます。水の代わりに塩素系か石油系の溶剤に少量のドライ洗剤を加え、溶剤を循環してフィルターで汚れやほこりを濾しながら洗います。専用のマシーンが必要で、専門店でなければできません。
 ドライクリーニングは、衣類を傷めない優れた洗濯法ですが、一番の欠点は水溶性の汚れが落ちないことです。化学雑巾でホコリは取れても、汚れは水拭きしないと取れないのと同じです。
 一方、ウェットクリーニングという水洗い法があります。汚れはよく落ちるのですが、衣類へのダメージが大きいのが欠点です。
 自宅でクリーニング本舗がお勧めする【洗濯システム】は、水の分子を大きくする溶剤を配合し、衣類の濡れを抑えて洗う、洗濯法です。≪水ドライ法≫と呼ばれ、ドライクリーニングでは落ちない汚れやシミが確実に取れます。

“ドライクリーニングが家庭でできる”ということではなく、“ドライクリーニングに勝る、水のパワーを活かした、ホームドライクリーニングができる”ということです。

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年7月 6日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水で洗って縮みませんか?」です。

次のブログ記事は「アイロンは難しいものではありません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count