シミだけを取るのは相応の技術と経験が必要です。

 輪ジミを残さずシミを取るには、繊維、染色、シミの知識、技術と経験が必要です。小道具も必要です。
手軽な方法として、洗濯を前提としたシミ抜きをお勧めします。シミ抜き処理の後、全体洗いをすれば輪ジミは残りません。
クリーニングの基本で紹介している「前処理」をシミ抜き法として行えば、特別な道具や化学薬品は不要です。日常の生活で付く汚れやシミのほとんどが取れます。
この「前処理」は、油溶性と水溶性のシミ抜きを一体化したもので、不溶性のシミでも一部、取り除くことができます。クリーニング屋さんでも取れなかったシミが、この「前処理」で取れることもあります。

洗濯の前処理

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年7月 3日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漂白剤はむやみに使わないでください。」です。

次のブログ記事は「シミ抜きの順序を入れ替えると取れにくくなります。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count