シミを取りやすくする予防効果があります

 気を使っていてもシミは付きます。着用のたびに汚れやシミが付くのは防ぎようがありません。
 お勧めしたいのは、予め汚れやシミが付きにくい加工をしておくことです。加工と言っても、たいそうなことではありません。「風合い回復仕上げ」をしておきます。風合回復剤ドライの素Dと活性仕上剤ドライの素Eが繊維の一本一本を程よくコーティング、汚れやシミを付きにくくします。付いた汚れやシミも落としやすくなります。

ドライの素Dドライの素E

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年7月 3日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ustreamでつけ置き洗いのライブ中継してみました。」です。

次のブログ記事は「洗う前の「前処理」をシミ抜き法としてお勧めします」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count