洗濯に強い衣服と弱い衣服を「区別して洗う」

洗濯は、衣服にかなりの負担をかけます。洗濯機と水の物理的作用、洗剤による科学的作用が衣服を傷めます。
洗濯に強い衣服と弱い衣服の代表例を挙げますと、

強いもの男性用衣服・綿・麻・織物・化学繊維・淡い色もの
弱いもの女性用衣服・毛・絹・編物・天然繊維・濃い色もの


色の濃淡は逆に考えがちですが、色流れするのは濃い色です。
洗いの区別は、強いものは当然「洗濯機洗い」ができますが、弱いものは「つけ置き洗い」をするか、「洗濯機洗い」をするときは厚手の洗濯ネットを使います。

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年6月12日 12:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「汚れたら直ぐに洗う」習慣をつける」です。

次のブログ記事は「洗濯機洗い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count