「汚れたら直ぐに洗う」習慣をつける

クリーニング研究所の「汚れの状態と落とし方」によると、注目すべきは汚れの内55%は払うか叩けば取れるということです。肌着は別にして、コートや背広は外出前、外出後にブラシをかける習慣をつければ、これだけで汚れの大半は取れて、洗濯回数を減らすことができます。
洗濯をしなければ取れない汚れやシミは、時間の経過とともに変化、落ちにくくなります。付いてすぐ洗うと短い「つけ置き洗い」ですみ、衣類への負担が軽減できます。

汚れたら、シミが付いたら、2日以内に洗いましょう。

このブログ記事について

このページは、洗濯マスターが2010年6月12日 12:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おしゃれ着を洗うときは「きれいな水」を使う」です。

次のブログ記事は「洗濯に強い衣服と弱い衣服を「区別して洗う」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count